子育てを楽しくする5つのコツ

2020年5月26日 投稿者: 柚美 まり

(記事の続きはタイトルをクリック)

自然災害や、不況、社会の大きな変化から、生きてるだけで苦しいと思う方が増えています。

 

特にお子さんをお持ちのママさんは、自分の気持ちの他に、

お子さんの気持ちの事も考えなければいけないという事で、

気持ちの負担が大きくなってしまいます。

 

「どうしたら、今より楽に子育てができるだろう?」

 

お子さんを育てた事のある方なら、誰しも1度は考えるでしょう。

私も「子育てから逃げたい」と何度も思ったことがありました。

 

では、どのようにしたら、子育ての苦しさを少しでも軽くできるのかお伝えしていきますね!

 

まずは、子育てに苦しくなりやすいタイプを知っていきましょう。

 

【苦しくなりやすい3つのタイプ】

1. 真面目で頑張り屋

コツコツやれば、頑張ればなんとかなる、上手くいくと自分を追い込んでしまうタイプです。

 

何か問題が起きても自分ひとりで抱え込もうとしてしまいます。

 

2. いいいい人を演じようとする

自分ががまんすれば全ては上手くいくと、いい人を演じてしまう。

 

優柔不断になりがちで、相手に合わせて反応をうかがい、ビクビクしてしまうことも。

 

いい人、いい妻、いいママ、全ての人にいい人であろうとする傾向がある。

 

3. 完ぺき主義

「こうするべき!」

「こうしなくちゃ!」

と面倒なルールを自分で作り、つかれてしまうタイプ。

 

「自分がやらなければ、誰がやるんだ」

「自分でやった方が早い」

とせっかちになりがちな人も少なくありません。

 

この3つの中に少しでも当てはまるものがあるなら、以下の5つの方法を試してみましょう。

 

【苦しい生き方を変えていく5つの方法】

1. 自分を許そう

「○○ができなかった」

「○○しなかった」

と自分を責めることをやめましょう。

 

自分を責めるというのは、内側に向かっているだけで、それが外に向くと、人を責めてしまうことになります。

 

そうなると

「子どもを愛せない」

「子育てなんてしたくない!」

「産みたくなかった…」

と、子どもを愛しづらくなります。

 

そうなる前に「できなかった」自分を責めず「できた」自分を認めてあげることです。

 

たとえば

「今日はそうじがここまでしかできなかった」

ではなく

「ここまではできた」

と、マイナスに考えるのではなく、プラスに見れるようになれたらベストですね!

 

2. 人を頼ろう

なんでも自分ひとりで抱え込もうとしないことが大切です。

 

夫や両親など家族にたよれないのであれば、友人、地域、行政、たよれる手段がないか探してみましょう。

 

苦しい時は誰かにたよっていいですよ。

 

その分、自分の余裕がある時に、その人を助けてあげればいいのですから。

 

3. 自分の気持ちを大切にして

「つらい、苦しい」というのは、まぎれもないあなたの本心です。

 

なので周りにつらい、苦しいと話してみましょう。

 

もし、周りにどうしても言えないという人は日記に書いたり、今の気持ちをリアルでなくSNSに書くなどして、自分の気持ちを押し殺さずに大切にしてください。

 

4. 自分を甘やかそう

自分を許すことができるようになったら「自分を甘やかす」にレベルアップしましょう。

 

ちょっとしたごほうびに甘い物を食べたり、欲しかった本を買ったり、

ゆっくりお風呂に入るなどほんの小さなことでかまいません。

 

なんなら、いつもがんばってる自分に、大きなごほうびをしてあげたっていいんです。

 

がんばった自分をほめて、少し甘やかしてから

「よし、じゃあ次のごほうびまでがんばろう!」

と気分をあげられたらいいですね。

 

 

5. ストレスケアをしよう

ゆううつな気分のままだと、できる事もできなくなってしまいます。

 

大好きな曲をかけながら育児や家事をしたり、お気に入りの服を着たり、

とっておきのお化粧をしてみたり、

少しでもストレスが軽減する方法を見つけてみましょう。

 

苦しい気持ちをため込まず、ラクに楽しく子育てができるように、よかったら参考にしてみて下さい。